今冬12/27-12/31と5日間の予定で開かれる大規模オフラインイベント『RTA in Japan 2』のプレイヤー募集を開始しました!

RTA in Japan 2はオフラインイベントなこともあって以前行ったOnlineとは色々と異なります。
注意事項を書き残しておくので下記の文章をすべてお読みになった上でご応募ください。

開催場所

秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部”にて開催します。秋葉原駅もしくは浅草橋駅から歩いていける距離にあります。
地方からも参加は可能ですが、自分の参加時間までに秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部まで行っていただくことが条件となります。

会場費負担

会場費は既に運営で払ってありますが、これをプレイヤー全員と分担する方向を考えています。
プレイヤーの数が少なかった場合は観覧者の方にも負担をお願いするかもしれませんが、どうなるかは現在のところ未定です。個人主催のイベントであることもあり会場費は無料ではないということをお見知りおきください。

応募ゲームについて

応募ゲームは、過去のRTA in Japanで行われたものと同一ゲーム、同一カテゴリーの場合は必ず厳選枠には選ばないという処置を取らせていただきます。
これはなるべく多くのゲームのRTAを見せたいことから同じRTAが連続して選ばれないようにとの配慮からです。

応募ゲームは自由ですが、昨今のゲームではシェア禁止や配信禁止区間、さらにメーカーの自主規制で配信などが制限されていることがあります。
配信禁止区間はあるゲームでも配信禁止区間がRTA中に含まれていなかった場合は応募可能ですが、もしそうでなくこれらに該当するゲームでの応募は1次審査で全て切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

レースについて

レース形式のものについては、同時に2画面まで出すものを想定しています。2人同時プレイまでということでよろしくお願いします。

DS、3DSゲームでの応募について

DSと3DSについては、基本的にPCにキャプチャする手段をご自身で用意していただきます。
ただ、3DSの場合はビューワーソフトを運営のPCにインストールできればご自身でPCをお持ちにならなくても平気です。しかし、DSのキャプチャについては偽トロキャプチャを利用したものだとビューワーソフトが偽トロキャプチャを買った本人以外にはダウンロードできない仕組みとなっています。運営陣でそれは持ち合わせていないので、DSで参加される方はお手数ですがビューワーソフトをインストールしたHDMI端子で接続できるノートPCをご持参ください。

PCゲームの応募について

PCゲームについては機材提供者を募って運営陣でハイスペックPCを用意し、それを使ってRTAを行ってもらう予定です。
誰も提供者が現れなかったりご自身のPCでプレイしたいということであれば運営で輸送費を出すので、ご自身がRTAにお使いのPCをそのまま梱包して郵送していただくことになります。

応募方法について

応募はGoogleフォームを用いて行います。
Googleフォームは通常の走者応募フォームと企画用応募フォームを用意してあります。

走者応募フォーム

走者応募フォームは従来の応募フォームです。ご自身の名前や応募したいゲームなどを入力してご応募ください。
応募フォームは前回までと少し変えており、メールアドレスが不要となった代わりにTwitterIDが必須項目となっています。Twitterをしていない方はこれを機会にTwitterを始めていただければと思います。
また、走者決定後はDiscordで連絡を取るため、これは必須項目にはしていませんがDiscordのIDもフォーム内に加えてあります。Discordについてはナンバー(#xxxx)も必ずご記載ください。

応募の際は一度に3つまでのゲームを応募できるようになっています。3つのゲームが全て厳選枠に外れた場合は抽選枠に回されることになりますが、抽選枠の対象ゲームは1人1つのため、そのゲームはTwitter投票を使って皆さんに選んでもらうようにします。Twitter投票を使わず自分で是非これを抽選にということがあった場合は応募フォームの最後のメッセージ欄にその旨をご記載ください。

企画用応募フォーム

企画用応募フォームは、一人で申し込むのではなく企画として申し込む際に使う応募フォームです。
過去の例だと4人による2ゲームレースでのマリオブラザーズ2やマリオタイマンTAなどは企画に該当します。

企画ではリカバリーTAやTASbot枠など、私どももどんなものが来るのかを想定していませんが、RTAに関係するものならば大抵は受け入れられます。
企画の場合は事前の話し合いが必要なので、応募の入力項目にメールアドレスを必須としており、応募後にメールで連絡を取り合います。

なお、企画用応募フォームで応募した人は走者応募フォームで個人の参加ができないというわけではありません。奮ってご応募ください。

どこまでが企画用なのかが曖昧かもしれませんが、2人レースやCOOP(協力プレイ)などは通常の応募フォームからご応募ください。どこまでが企画に入るか分からないということであれば、Twitterにて問い合わせいただければ返答します。

実際に行われるゲームの決め方について

開催期間は5日間なので、おそらく90~100時間程度の時間を割り振ることができます。
まず一次審査である程度厳選し、そこから実際に行われるゲームを決めます。

厳密な時間の枠組みとはしませんが、運営枠から数時間取り、その後企画枠から選び、その後厳選枠から数十時間、最後に余った時間を抽選枠として割り振る予定です。

抽選枠は文字通りツールを用いて完全抽選で選びますが、それ以外は運営陣で話し合って決めます。
前回の決め方は運営陣全員が選んだものを単純に多数決で選んでいましたが、今回からは多数決ではなく運営陣全員で話し合って決める予定です。

応募フォーム

長くなりましたが、実際の応募フォームはこちらです。どしどしご応募ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。