このページは、イベントへ参加する予定のプレイヤーの方へ向けての情報をまとめています。
プレイヤーではなく視聴者の方への情報については『視聴者の方へ』にまとめてありますのでそちらをご参照ください。

会場費負担について

RTA in Japanの会場となる『ハンドレットスクエア倶楽部』ですが、開催期間となる5日間の会場レンタル代は税込みで約24万円となっています。
主催が前もって負担してありますが、こちらの会場費は参加プレイヤー全員で分担します。

会場では受付を用意するので、会場費はそちらでお受け取りします。
プレイヤー数は約80人で会場のレンタル代は24万円なこと、Twitchのスポンサー登録料などから出すことを踏まえ、プレイヤー一人につき2,000円を受付で徴収いたします。

欠席について

イベント直前に予定が出来る、もしくはイベント当日に病気になる等、トラブルでイベントに参加できず欠席するということもあるかもしれません。

こちらはRTA in JapanのDiscord上で連絡するか、もしくはRTA in Japanの公式Twitter宛てに連絡をお願いします。
特に予定で参加できないとなった場合は早めに連絡をいただけると他のプレイヤーの方が代わりに参加できるかもしれないのでよろしくお願いします。

RTA in Japan Discord
RTA in Japan公式Twitter

なお、当日欠席の際でも会場費の負担は必要ありません。

スケジュールについて

スケジュールはプレイヤーのタイムに応じてある程度リアルタイムで変動します。
会場にお越しいただく時間が早まったり遅まったりしますので、参加プレイヤーの方は頻繁にスケジュールを確認して動いていただくようよろしくお願いします。

進行の遅延について

ないことを祈りますが、進行が遅延して予定通りにスケジュールが進んでいない場合、運営側で進行を早める措置を取ります。

具体的に遅延しているときの案としては、タイマーストップのタイミングがスタッフロールの最後まで見てからという方が結構多くいらっしゃるので、そのタイミングをラスボス撃破時などに早めてもらう措置を考えています。
またそれでも足りない場合、カテゴリーが100%になっている方をAny%に変えてもらう、また、最悪の場合は予定されているゲームプレイを中止ということも有り得ます。

このようなことにならないためにも、進行が滞りなく行えるようにゲームハードの準備をテキパキとする、またゲームが終わったら速やかに次の人と交代するなど、運営への協力をよろしくお願いします。

なお、時間調整枠などもスケジュールに前もって組み込んでいるためこのような事態に陥る可能性は低いです。ただ、もしそうなった場合はイベントの迅速な進行への協力をよろしくお願いします。

ゲームオーバー等について

こちらもないことを祈りますが、当日プレイ中にゲームオーバー等になってしまって目標タイムより大幅に遅れそうな事案が発生するかもしれません。

基本的にゲームオーバーになったからと言って途中で切るようなことはしませんが、1時間も2時間も遅延してしまうようなゲームオーバーになった場合、さすがに時間のロスが大きすぎるので途中で切ることになるかもしれません。遅延を調整するための時間を設ける予定なので大丈夫だとは思いますが、ゲームオーバーが続いた場合途中で切ることがあるかもしれないことをあらかじめご了承ください。

類似セーブデータのロードについて

上記のゲームオーバーになった際、またはフリーズや不測の事態等、このままではRTAを行うことができない状況になってしまうこともあるかもしれません。
このような場合、今現在の状況に近くてRTA続行可能なセーブデータをロードして続けていただくという処置が可能です。こちらはGDQなどでも広く行われているもので、タイマーも止めずにそのまま進行させます。

詰まりそうな場面、またはフリーズポイントなどを把握されているなら、その近辺のセーブデータをお持ちいただければ途中で終了ということには少なくともならないのでご協力をよろしくお願いします。

不適切な発言等の禁止について

RTA in Japanではプレイヤーの皆さんに自由にマイクを使って喋っていただきますが、イベントとして許容されない発言等もあります。
具体的には、差別的発言や宗教的なデモ、政治的主張やその他イベントとしてはふさわしくないような乱暴な言葉遣い等、これらの発言は控えてください。

もしこれらに類似する言動があった場合はプレイ中であろうと運営から止めるよう口頭で注意をさせていただきますが、従っていただけない場合はゲームを途中で切り替えることもあります。あらかじめご了承ください。

イベントに向かう心構えについて

イベントに向かう心構えとして、自分自身だけの問題ではなく、RTA in Japanというイベント、支援してくださるスポンサー、自分の所属するゲームコミュニティ全体を代表して参加しているという気持ちで臨んでください。
特にイベントで乱暴な態度を取ってしまうと、自分だけでなくイベント自体や自分の所属しているゲームコミュニティにまで悪印象を持たれてしまいます。

もちろん皆さんには参加して楽しんでいただくのが第一だと考えております。楽しくイベントを盛り上げていきましょう。